じぶんしだい

あきとくんの背中に住みたい系じゃにおたによる独り言

担当について考える④

松島くんの高校生の夏は六本木の地下に閉じ込められてました。よって、私も閉じ込められてました。2年ですよ、2年。勝利と2人でDKという年だったのに、2人が一緒の現場がなかったことを今でも恨みます。(そもそもこの体制を敷いた大人のことは忘れないと誓っています)

ただ現場があるのはせめてもの救いでした。地上波はおろか、BS、CSでさえ見ることのできなくなった松島くんでしたから、形はどうであれありがたかったなぁと思います。

六本木2年目が終わったあと、待ちに待った瞬間が訪れます。

5人で新曲!!!!!

3人でも大勢でもなく5人!!!!

嬉しかったです。ついにこの時が来たかと。リリイベにも行きました。5人の影が映った時、涙が出ました。やっとここまできたと。本人たち、中でも勝利くんがとても嬉しそうで幸せそうで、よかったなぁと感じました。

それでもまだ不安は残っていました。また3人になるんじゃないかと…この数年ですっかりトラウマになってしまって、嬉しいけれど、信じられない…という複雑な気持ちでした。

Qrに徐々に松島くんやマリウスくんが呼ばれるようになりました。らじらーが始まりました。バレーのサポーターを5人ですることになりました。シブ5時も決まりました。(時系列ぐちゃぐちゃだと思います)こうやって仕事が決まっていくにつれて、徐々にもう3人に戻ることはないのかなと思えるようになりました。

Welcome to Sexy Zoneが発売されました。やっと5人のアルバムと言えるものが発売できたなと思いました。それでも相変わらず松島くんやマリウスくんにはソロ曲はなかったですし、歌割も全然少なかった。いきなりは変わらないよね、仕方ないよねと思いました。5人の名義で出せるだけで幸せと思わなきゃいけないと思い込みました。

そしてこのアルバムを引っさげてのツアー。ガイシにSweety Girlが流れて、松島くんの歌声が聞こえた時、ここまで長かった…と大号泣しました。隣にいた中学生のお母さんがドン引きしてました。こんなはっぴーな曲でこの人号泣してる…と。(そりゃそうだ)

さらにコングラの歌割を変えて、5人それぞれが歌うパートができていて、これからは5人でやっていくんだという強い決意が見えました(当然号泣)

1公演目は泣きすぎて記憶がないくらい泣きました。後にも先にもこんなに泣くコンサートはないんじゃないかと思います。これでやっと、普通に応援できる。うちの子たちすごいんです!!とおすすめできると思っていました。