読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶんしだい

あきとくんの背中に住みたい系じゃにおたによる独り言

過去を引きずることは愚かなことなのだろうか

タイトルからして暗い。笑
御察しの通り暗いので、私の勝手な備忘録なので…



Sexy Zoneさんのコンサートに行ってから、思うことがありまして、書いておこうかなーと思った次第です。正直見ていて楽しいものでもないです。



周りのせくぞ担や、コンサートに行った他担の皆様から最高だったと言われるSexy Zone presents Sexy Tour 2017 STAGE。
私も感想に書いたように、楽しそうでよかったなぁと思いました。
ただ、これで過去が消えることはないよって思ったことも事実でした。

3人で歌っていた曲は、どうしても3人に見えてしまう…否が応でも思い出される…
また、これはずっと思っていることなのですが、コングラのように稀に歌割りが変わる曲もありますけど、基本的に歌割りが変わることはない…KQJに松島くんのソロパートがないことは、これから先変わることはない。
聞くたびにそう思うんだろうな、私は…と思うと絶望的な気持ちになりました。
圧倒的に楽しそうで、圧倒的に幸せそうな5人とファンの方々を見てもなお、そんなことを思ってしまう私は、最低だなぁと思ったわけです。
今の彼らを見れていないような、そんな感じがして、なんでそんなに過去に縛られているんだろうと思いました。
そして、あの場にいる資格あるのかなぁとぼんやり思いました。

こんなに根深く突き刺さっていたんだなーと今さら気づかされた気がしました。
降りた身で何言ってんだって話なんですけどね。
周りが最高だと言えば言うほど、私は最低だなぁと思ってしまって、楽しかった気持ちはもちろんあるのですけど、書かずにはいられませんでした。


過去も未来も忘れていこう
いつになったら、そんな日がくるんだろうな
忘れることはできなくても
受け入れられる日がくることを願って