じぶんしだい

あきとくんの背中に住みたい系じゃにおたによる独り言

舞台アマデウス初日に行ってきた話

行ってまいりました。
舞台アマデウス

決まった時の驚きから初日まであっという間でした。ネタバレになるかもしれないので、あてにならない雰囲気も含めた一切のネタバレは嫌という方はお読みにならないでいただけたらと思います。
ちなみに桐山くんに特化した感想じゃありません。また、舞台のあれこれを知っているわけでも、なんなら原作をしっかり予習して行ったわけでもないので、とんちんかんなことを言っていると思います。
ただ初見の印象や思いを残しておきたくて、書くことにしました。


まず思ったのは、幸四郎さん凄すぎない…?ということ。2時間半くらいの舞台中、ほとんどずーーーーーーーーっと喋り続けてるんですけど。。嘘でしょってくらいお話しされてる…舞台上で語り部が現在から過去になるので、一気に30歳くらい若返ったり、年取ったりするんですけど、声で演じ分けていて、凄すぎました…モーツァルトの才能に苦悩したり、嫉妬したりする姿は時代が違うだけで、人間誰しもが持つ感情なのかなと思ったし、胸に迫るものがありました。
この幸四郎さんの演技を間近でみて、そりゃぁプレッシャーだったに違いないし、緊張もそりゃぁするわなぁと思いました。その中にいて、ちゃんと色を出して頑張ってる桐山くんの姿はただただかっこよかったです。

正直、暗いお話なのかなと思っていました。実際観てみると暗さはそんなに感じなかったです。1幕はとくに、モーツァルトとコンスタンツェがケラケラ楽しそうにしていて、救われました。天才と言われたモーツァルトがこんなお茶目で下ネタ連発*1していたかは知りませんが、サリエーリが憎しみを募らせていく中、この2人の呑気さはほっとするようなそんな気持ちになりました。

おちゃらけてるモーツァルトですがふと真剣になるところがあって、それは曲の案が浮かんだ時だったり、ここぞという時なんですけど、声のトーンや高さを使い分けて桐山くんが演じていて、かっこよかったです。個人的には、「結婚しよう」が死ぬほどかっこよかったので、それを励みに1週間頑張ろうと思いました。。。ついでに薬指に指輪もしていて、それもとてつもなくよかったです。。細いのじゃなくて、太いのだったんですけどね。それでも薬指に指輪だなんて、ドキドキしちゃいます。

モーツァルトモーツァルトで音楽の才能はあるけれど、今で言う世渡りは下手だったのかなと思いました。また、天才がすぎて理解が得られなかったのかもしれません。才能に気づく才能を持ち、その才能を妬んだサリエーリですけど、あんなに策を講じなくても、モーツァルトはその時代に認められることはなかったかもなぁなんて思ったりしました。

2幕からはモーツァルトも苦悩し始めるので1幕ほどのほんわか感はないのですが、逆に物語に引き込まれる感じがしました。
具合がどんどん悪くなっていくので、目が虚ろになっていくモーツァルトを見ているのはしんどかったです。息絶えるシーンはみてて嫌だなぁと思いましたが、手の力が抜ける感じが若干不自然に見えて、ん?ってなってしまいました。私だけかなぁそう見えたの。。

物語自体は全部が全部わかったわけではないと思いますが、初見でなんとなく理解できました。キリスト教をかじっていたからなのか、あまり違和感も感じなかったです。

我ながら、すごい真面目に感想書きました。

個人的に次回以降楽しみなところは、
・結婚しよう
・薬指の指輪
・ごろにゃんて甘えるシーン
・くしゃっと笑顔からのイケメン真顔
・ピアノ演奏や指揮してるときの表情*2
・豪快な下ネタ
・しっかりお化粧してるとこ(アイラインくっきり!)
・すごい汗(笑)

かなぁと思います。
書き出したら結構あった。

これから回を重ねるごとにブラッシュアップされていくんだと思うと楽しみです。
最後まで怪我なく走りきれますように。

*1:信じられないくらい下ネタ連発してました。う○ことか小学生みたいなから、書くのもはばかられる単語も連発してて、ひええってなりました。絶対普段聞けないからありがとうございます

*2:多分ウインクもしてた気がします