じぶんしだい

あきとくんの背中に住みたい系じゃにおたによる独り言

落ち込まないオタク活動

自担が変わってしまったと嘆くオタクがいます。私もそう思ったことが過去にあったような気がします。

 

人は変わる生き物だと思います。良くも悪くも。同じ人間である以上、タレントさんが変わることもあれば、オタクが変わることもあると思います。ただ往々にして自分が変わったのではなく、他人が変わったと思いがちなのではないでしょうか。

 

ずっと同じ熱量で、ずっと同じ気持ちで応援できたらきっと幸せなんだろうと思うけれど、時とともに欲が出てしまうのも事実。初めは「コンサートに行ければいい」だったのに、気づけば何回も行きたいになっているし、ファンサだってほしいなーと思ってしまう。それがいけないことだとは思いません。でもその願いが叶わないからと言って、タレントさんに当たるのは違うのではないかと思うんです。

 

当然本人も変わっているんだと思います。いつまでも同じでは成長がないからです。そしてその変化は、本人よりも周りの方が気づきやすいように感じます。私も、無自覚ですけど、上司に去年と全然変わってるよと言われることがあります。言われてもわからないくらいです。

その変わり方は、本人にとってプラスでもファンにとってプラスとは限らないのかなと思うこともあります。当然、良くない変わり方をすることもあるでしょう。また、前述の通り、自分が変わったから、なんだか腑に落ちないのかもしれません。

いずれにしても、それでもファンでいるのか、やめるのかは、こちら側に選択権があるわけで、無理ならやめればいいだけの話です。

 

ただ、そんなに簡単に割り切れる話でないことは理解しています。悲しい気持ちになることもあるし、昔は良かったって思うこともある。いろんな葛藤があって、やめるとかやめないとかを決めていくんだと思います。

 

きりやまくんが変わったと思ったとかそういう話ではないのですが、私自身も、我儘になっていたりするのかなーと思ったりしていて、自分自身の気持ちの整理というか、そのために書きました。

 

相変わらず、シンプルに顔が好きだし、歌って踊るのかっこいいし、髪型に一喜一憂するし、オールバックに興奮して、初めましての方の腕を取ってしまったし、やめるとかやめないとかそんな葛藤は微塵もなくて、全然やめないですけど、細々したことで落ち込んだりしないオタク活動をしていきたいなぁと思った次第でした。