じぶんしだい

あきとくんの背中に住みたい系じゃにおたによる独り言

舞台アマデウスを走りきった話

2017年9月24日から池袋で始まった舞台アマデウス
ジャニーズWEST桐山照史くんが松本幸四郎さんに抜擢された舞台。
それが2017年10月25日に久留米で大千穐楽を迎えました。

初日に舞台に立つ桐山くんを見たときは、今思えば緊張感のある、少し固いような感じがしたのに、最終日にみた桐山くんは、そんな違和感全く感じさせない、モーツァルトそのものでした。


千穐楽
照史くんが言葉を発する機会がありました。
声を出した瞬間…

照史くんでした。

当たり前なんですけど。
ついさっきまでモーツァルトだったし、なんなら格好はモーツァルトなんですけど、話した瞬間、わぁ照史くんだ…って思って、気づいたら泣いていました。

この1ヶ月、モーツァルトとしての桐山照史をずっと見てきていて、どんどん生き生きしていく桐山照史を見てきました。
途中から照史くんなのかなんなのかわからなくなるくらいモーツァルトだったので、照史くんを見に行っているし、そこにいるのは照史くんに間違いないんですけど、なんか遠いものを見ているような気持ちになりつつありました。
だから、期間中にヒルナンやレコメンを見ていると不思議な感じがしたし、ジャニーズWESTの映像を見ているのも不思議な感じがしていました。

そんな気持ちで迎えた大千穐楽で、舞台の上に照史くんがいると感じることができたのは、私にとってとてもとても大きな出来事でした。

俳優しているのを見るのは、寂しい気持ちになるので苦手です。コンサートの方が絶対的に好き。それはたぶん変わらないんだろうなぁと思います。
でもそこにいるのが桐山照史であるのかもわからなくさせるくらいの演技を見せてくれる照史くんの演技は、これからもみたい。そう思える舞台でした。それは最後の最後に桐山照史本人を感じることができたからだと思います。


あと、私は声を大にして言いたい。
桐山照史はすごいんだよ!!!!
ついでに字も大きくしておきました。


大御所の方々の中にいても全くひけをとらない演技。なんなら私には照史くんがお芝居の雰囲気を作っているようにさえ見えた*1
カテコの時に背筋をピンと伸ばして立つ姿は、誇らしかった。
こんなにかっこいいんだよ!こんなにすごいんだよ!!自慢の自担なんだよって大声で叫びたいくらい。

あーーーーーーなんて素敵なんだ!!!!(語彙力)


そして、この舞台で松本幸四郎さんが大好きになりました。
それはそれは大物でらっしゃるのに、とてもお茶目でチャーミングな方だなと思いました。
初日やそれぞれの会場の楽日にお話をされているのを聞いて、なんて素敵な方なんだろうと思いました。
また、大千穐楽でお話しされていた言葉が忘れられません。

舞台は残らないもの。皆さまのお心の中にアマデウスが残ることを祈っている。

謙虚な方だなと思いました。
こんなに素晴らしい舞台だったのに、心に残ることを祈っているだなんて。
そうやって作り上げられた舞台だから、こうやって心に残るんだなぁと思いました。

松本幸四郎さんのファンの方に照史くんがどう映ったのかはわからないけど、少なくとも私は、この舞台で松本幸四郎さんの他の作品もぜひ見てみたいと思いました。

もう終わってしまって、寂しさしかないけれど、心に舞台アマデウスは残っているから。またこんな素敵な出会いがあることを祈ることにします。

最後に、幸四郎さんが心に残るのは舞台と恋愛だと言っていて、素敵な恋愛してくださいと言われたので………素敵な恋愛に向けて…がんば…り…たい……です……


無理かな…(小声)

*1:贔屓目なことは許してほしい