じぶんしだい

あきとくんの背中に住みたい系じゃにおたによる独り言

舞台アマデウス初日に行ってきた話

行ってまいりました。
舞台アマデウス

決まった時の驚きから初日まであっという間でした。ネタバレになるかもしれないので、あてにならない雰囲気も含めた一切のネタバレは嫌という方はお読みにならないでいただけたらと思います。
ちなみに桐山くんに特化した感想じゃありません。また、舞台のあれこれを知っているわけでも、なんなら原作をしっかり予習して行ったわけでもないので、とんちんかんなことを言っていると思います。
ただ初見の印象や思いを残しておきたくて、書くことにしました。


まず思ったのは、幸四郎さん凄すぎない…?ということ。2時間半くらいの舞台中、ほとんどずーーーーーーーーっと喋り続けてるんですけど。。嘘でしょってくらいお話しされてる…舞台上で語り部が現在から過去になるので、一気に30歳くらい若返ったり、年取ったりするんですけど、声で演じ分けていて、凄すぎました…モーツァルトの才能に苦悩したり、嫉妬したりする姿は時代が違うだけで、人間誰しもが持つ感情なのかなと思ったし、胸に迫るものがありました。
この幸四郎さんの演技を間近でみて、そりゃぁプレッシャーだったに違いないし、緊張もそりゃぁするわなぁと思いました。その中にいて、ちゃんと色を出して頑張ってる桐山くんの姿はただただかっこよかったです。

正直、暗いお話なのかなと思っていました。実際観てみると暗さはそんなに感じなかったです。1幕はとくに、モーツァルトとコンスタンツェがケラケラ楽しそうにしていて、救われました。天才と言われたモーツァルトがこんなお茶目で下ネタ連発*1していたかは知りませんが、サリエーリが憎しみを募らせていく中、この2人の呑気さはほっとするようなそんな気持ちになりました。

おちゃらけてるモーツァルトですがふと真剣になるところがあって、それは曲の案が浮かんだ時だったり、ここぞという時なんですけど、声のトーンや高さを使い分けて桐山くんが演じていて、かっこよかったです。個人的には、「結婚しよう」が死ぬほどかっこよかったので、それを励みに1週間頑張ろうと思いました。。。ついでに薬指に指輪もしていて、それもとてつもなくよかったです。。細いのじゃなくて、太いのだったんですけどね。それでも薬指に指輪だなんて、ドキドキしちゃいます。

モーツァルトモーツァルトで音楽の才能はあるけれど、今で言う世渡りは下手だったのかなと思いました。また、天才がすぎて理解が得られなかったのかもしれません。才能に気づく才能を持ち、その才能を妬んだサリエーリですけど、あんなに策を講じなくても、モーツァルトはその時代に認められることはなかったかもなぁなんて思ったりしました。

2幕からはモーツァルトも苦悩し始めるので1幕ほどのほんわか感はないのですが、逆に物語に引き込まれる感じがしました。
具合がどんどん悪くなっていくので、目が虚ろになっていくモーツァルトを見ているのはしんどかったです。息絶えるシーンはみてて嫌だなぁと思いましたが、手の力が抜ける感じが若干不自然に見えて、ん?ってなってしまいました。私だけかなぁそう見えたの。。

物語自体は全部が全部わかったわけではないと思いますが、初見でなんとなく理解できました。キリスト教をかじっていたからなのか、あまり違和感も感じなかったです。

我ながら、すごい真面目に感想書きました。

個人的に次回以降楽しみなところは、
・結婚しよう
・薬指の指輪
・ごろにゃんて甘えるシーン
・くしゃっと笑顔からのイケメン真顔
・ピアノ演奏や指揮してるときの表情*2
・豪快な下ネタ
・しっかりお化粧してるとこ(アイラインくっきり!)
・すごい汗(笑)

かなぁと思います。
書き出したら結構あった。

これから回を重ねるごとにブラッシュアップされていくんだと思うと楽しみです。
最後まで怪我なく走りきれますように。

*1:信じられないくらい下ネタ連発してました。う○ことか小学生みたいなから、書くのもはばかられる単語も連発してて、ひええってなりました。絶対普段聞けないからありがとうございます

*2:多分ウインクもしてた気がします

演技をする自担の話

昨日、桐山くんが出演した舞台「ビューティフル・サンディ」のDVDを見ました。

それはそれは可愛くて、死ぬほど可愛くて、これはこの世のものなの?と真顔で思ったほどです。

ただ、私は演技をする自担を見るのはあまり得意ではありません。
そこにいる自担は自担ではないというか、演技をしているから当たり前なんですけど、その状態にザワザワしてしまうんです。
また、圧倒的な才能を感じて、遠くに感じてしまうというか、寂しく思ってしまって、悲しい気持ちが生まれて、複雑な心境になるのかなと思っています。

もちろん、相手は芸能人ですし、あの事務所からデビューできるような人なんですから、そもそも親近感持つのがおかしな話なんですけど、それでもなんだか寂しく思ってしまう、オタクの勝手な思いです。

桐山くんはとても人間味があって、コンサートMCとかでも不安だったら不安だというし、それはプロとしてよくないという意見もあるでしょうが、私は嬉しかったりします。同じ人間なんだなと思えるからです。
自信がないわけではないし、責任感がないわけでもない。才能だってあると思っています。それでも人だから不安に思ったりすることもあると思うんです。そういうのが垣間見えるのは、逆に安心します。もしかしたら、それも作戦なのかもしれませんけど。そうだったとしても、見届けたいと思うし、見守りたいと思うし、応援したくなります。

初日まで10日をきったアマデウス
きっとお稽古に励む日々なのでしょう。見たときにどんな気持ちになるのかなぁと思いながらも楽しみです。よくわからないけど、泣きそうです。

どうか無事に幕が開いて、無事に走りきれますように。

視聴率の話

レコメン木曜日*1で桐山くんが唐突に視聴率を気にするようになった話をし始めました。
テレビの世界で求められる結果の1つが視聴率なんだと思うわけですが、桐山くんが突然話し始めたのは少し違和感がありました。
何かあったのかなーなんて思いながら、数字という結果について、考える機会になりました。

私も営業の端くれだから、数字って残酷だということはよくわかっているつもりです。今でこそすごい詰められることはないけど、数字がなんぼという世界が存在することも知っているし、1%でも達成率が高い方が評価される世界があることもわかっています。
テレビの収益は視聴率によって成り立っているのは、昔から変わらないのだと思うのですが、それは視聴率が取れなければ利益にならないということを指していると思います。慈善事業でない以上、利益を生むためには高視聴率を狙わなければならないことは容易に想像できます。ただし、それが直接的に求められるのはタレントさんというよりはテレビ局の社員だったりするのかなーと思います。結果的に、テレビ局の収益が上がれば、タレントさんに入るお金も増えるのかもしれませんが、テレビ局の社員は数字があがるように番組を作り、その中の1つの要素としてタレントさんがいるのではないでしょうか。
そのタレントさんが視聴率を気にしなければならないというのは、酷な話だなぁと思います。タレントさんは番組の一要素でしかないからです。ドラマであれば脚本があり、演出があり、演者がいる。全てで結果(ここでは視聴率)を取りに行くわけです。
正直タレントさんにできることなんて限られているだろうと思います。一般人にはわからない制約も沢山あるんだろうと思うし。ましてや、今はタレントさんに100%頼り切って数字が取れる時代ではないと思う。なのに数字が取れないタレント、数字が取れるタレントだと言われるのはなんだか違うと思うし、一要因にはなるにしても、そんなことを気にして活動しても疲れてしまうのではないかと心配になる。
だから、桐山くんが視聴率を気にしている様子が心配になる。まぁそういうのはメンバーがどしたん?って聞いてあげて泣かせてあげて、解決してくれたらと思うから私が心配するのもお門違いなんだろうけど、それでも心配するのがファンだから許してほしい。

私も営業に移ってから、数字ってなんなんだろうって思い続けていて、自分がどんなに頑張っても売れるとは限らないところもすごく似ているなぁと感じました。私は現場の最前線のはいないけど、彼らは最前線にいながら、頑張るだけでは結果が伴わない。さらに苦しいだろうと思います。
しかも今や敵は他局だけでなく、ネット動画やらその他娯楽やら多岐にわたっているし、なんならその日が雨なのかとか天候までもが影響する。考え始めたらきりがなくて、しんどいだろうなぁと思います。

営業に出て、最近思うのは数字は全てではないのかもということです。簡単に数字を出している人からしたら、逃げてると思われるかもしれないですし、数字が出るにこしたことはないのはもちろんなんですけど。
少なからず、感謝とかされたりします。直接営業の数字にはならないけど、滞りなく終わらせることが必要になるときもあります。やり終わった後、助かったよと言われたりすることもあります。救われた思いがします。

先日、オタクの友達と話をしていて、辛い時はいつもジャニーズがいたって話になりました。タレントさんは仕事をもらってなんぼだし、数字が出るにこしたことないですけど、その笑顔で、あなたの存在で沢山の人を救っているんだよってことを、たまに思い出して欲しいなと思います。
結果が伴わないときもあります。絶対にあるけど、それだけじゃないよって思うんです。し、伝えたいです。数字にばかり囚われず、でも意識はしつつ、楽しくお仕事して欲しいなぁと思います。

偉そうなことを書いた気がしますけど、要するに気に病まないで大丈夫だよとただただ自担を心配しているだけのお話でした。
私も数年前は数字出してる人がえらいんでしょ??と尖ってたなぁ…若かった。

*1:毎週木曜日文化放送(他)で生放送している関ジャニ∞村上くんとジャニーズWEST中間くん、桐山くんMCのラジオ番組

桐山くん28回目のお誕生日によせて

今日は桐山照史くん28回目のお誕生日です。
おめでとうございます。

140文字にまとめられるのか…?と思い、ブログに書いておこうと思った次第です。気持ち悪い感じになるんだろうなぁ(通常運転)

好きだなぁと思ってから2回目のお誕生日。
当日に生放送があるなんて、こんなありがたいことはないなぁと思います。ヒルナン、レコメン頑張ってください(*´ω`*)

誕生日によせて、何を書こうと考えた時に、まずはじめに思い浮かんだのは感謝でした。

日々、頑張らなきゃと思いながら働いてるのですけど、正直もう頑張れないなぁと思うこともあって。まぁ理不尽なことも多いのでね。
そんなしんどい時に聞く、あきとくんの声はすごく力になります。いいように私が解釈してるだけなのですが、(俺も顔晴るから)お前も顔晴れと言われているようなそんな気持ちになるからなのかなぁと最近思うようになりました。
コンサートとか雑誌とかのコメントとかを見ていて、働く人(や学生さん)を頭に浮かべて話してくれている気がしていて、それが刺さるのかなぁなんて思っています。

私は営業職なんですけど、間接営業なので、私は直接お客さんのところにはいきません。ずっとずっとそれが引っかかっていて、正直今も引っかかっています。取引先はみんな年上ですし、この若造が偉そうなこといいやがってと思われているんだろうなぁと思っています。
でもわからないなりに相手の立場を想像して話すのかそうでないのかによって、多少は受け止め方も変わったりするのかなと思えたのはあきとくんのおかげだったりします。

そうな風に思わせてくれる自担って最高では…?
とてもとても感謝しています。

単純に顔も好きだし、おっきい背中も好きだし、笑顔も好きだし、声も好き。すぐ泣くところもかわいいなって思うし、男前に煽るところも大好き。足の動きが素早いダンスも好きだし、歌い上げる表情も好き。周りをよく見ていて、話を振ったり、気遣ってるところも好き。

笑顔の裏には努力があって、犠牲にしてきたこともきっとあって、勝ち取ってきたものがあって、これから勝ち取っていくものがある。これからどんどん大きくなるに決まってる。それでもファンの手を離さないでくれると思う。支えてもらっているし、支えていけたらいいなと思う。

最終的には生まれてきてくれてありがとうだし、ジャニーズに入ってくれて、ここまで続けてくれてありがとう。ありがとうに尽きる。
お誕生日はおめでとうのはずだけど、ありがとうって思う不思議。

28歳のお誕生日、おめでとう。
あきとくんの笑顔と笑い声がずっと続いていきますように。素敵な一年になりますように。

20周年

本当は当日にアップしたくて、書いていたのに、下書きに残っているのを今日発見するというポンコツぶりです。せっかく書いたし、残しておきたいので、更新します。



もう20年なのかというのが正直な感想でした。

2人が20周年ということは、私のジャニヲタ人生も20年を超えたということであり。人生の半分はゆうに超えているということであり。ありがたいような、どうしてくれるんだという気持ちです。

色んなことがあったけれど、2人が2人でいてくれたことに感謝しています。
綺麗事では語れないほど、ご本人たちには色んなことがあったんだと思うし、私の知らない出来事もたくさんある中で、2人が2人として、表舞台に立ち続けてくれていることは、ありがたい以外に表現しようがないと思っています。
そして、お互いがお互いを見て、笑ってくれていることも嬉しいなと思っています。

2人がいなければ、今の私はないし、今仲良くしているお友達とも出会わなかったと思うと、こんなに大きく影響を受けた人はいないなーと思います。

このタイミングで、突発性難聴になったつよしくん。つよしくんがテレビに出られないことで、各方面で対応したこうちゃん。
はたからみたら、こうちゃんは謝ったり、1人でテレビに出たりして、大変そうに見えたかもしれない。可哀想に見えたかもしれない。でも私にはごくごく自然なことをしているように見えて、つよいなぁと思いました。もちろん大変じゃなかったというわけではないのですが、2人でKinKi Kidsだから、特別なことをしてるわけじゃないよというのを感じたんです。あくまで都合の良い主観なのかもしれませんけど。

5年後、10年後に、20周年大変だったよな〜!!って笑いあっている2人がみたい。彼らの奏でる音楽をこれからも応援したい。笑い合う彼らの未来が明るいことを願っています。

今までもこれからもありがとう。

それぞれの良さに気づいた話

先日、友人と鑑賞会をしました。

「Are you Happy??」と「24から感謝届けます」
の2つです。

片方は東京ドームでもう片方は京セラドームという違いはありますが、同じドーム公演を立て続けに観たことで、それぞれの良さがあるなぁと思ったので、まとめておこうと思いました。

「Are you Happy??」
1つの作品でした。ペンライトが制御されていることによって、客席も作品の一部になっていて、東京ドームが「Are you Happy??」という作品になっていました。完成度が高くて、映像で見ると一段と作品なんだなと思わされました。
私は1公演しか入ってないですし、アリーナだったので、花道があんなに綺麗だったことも知らなかったです。全体の風景をみることで、完成する世界なんだなーと感じて、見ごたえのある映像だなぁと思いました。

「24から感謝」
アリーナ規模のコンサートをドームでやりましたという感じなのかなと思いました。悪いとは言ってません。憧れだったドームで、初めてのコンサート。その嬉しさ、楽しさを素直に表現したコンサートで、スタッフさんやファンの『おめでとう!!』の気持ちと本人の『ありがとう!!』がつまっていて、それが映像にも込められているのを感じました。
名刺のようなコンサートと本人たちが言っていたように、これぞジャニーズWESTという、ちょけるとこはちょける、かっこよくキメるところはキメる、メリハリのあるコンサートで、その楽しさを存分に伝える映像になっていると感じました。

何年もドーム公演を重ねてきた嵐と初めてのジャニーズWEST。月並みですけど、それぞれの良さがあって、みていて楽しかったです。

24から感謝については、初めてならではの表情とかテンションとかがこうやって発売されたことが嬉しいことだなーと思いました。
前述の通り、本人たちのきもちがすごく伝わるので、見ている側もすごく心を動かされました。素直なところがWESTの魅力だと思っていて、見習いたいところで、大好きなところです。それをたくさん感じられる作品だと思います。

WESTを知らない人にも見て欲しいなぁと思います。こんな重たい気持ちで見なくていいんです。濵田くんのセクサマのコーナーだけを見て、濵田くんの圧倒的跳躍力、歌唱力、ものまね力に、笑って元気になったー!!でもいいんです(一番のおすすめです)
ちょっとでもいいなって思ってもらえたら嬉しいなと思います。

結局、ジャニーズWESTのブルーレイをおすすめする記事になっちゃったけど、自担のグループなので大目にみてください。笑

24コンBlu-ray/DVDを見て思ったペンライトの話

ついに…!!ついに発売されました!!
24から感謝届けますのDVD&Blu-ray!!

待ちに待ちすぎて、発売日1週間前くらいからソワソワ。フラゲ日前日にいたっては吐き気がすごい(ただ具合悪かっただけかもしれない…)フラゲ日は朝から緊張しすぎてやっぱり具合悪い始末。一応社会人だから会社は行きましたけどね!!(当たり前)

ドキュメントから観たのですが、再生するのも緊張しすぎて30分くらい再生できず。もうこれはある種病的だなと思いました。まぁこの歳でジャニヲタしてる時点でそこそこ病的だし、終わってんなーと自覚はしてますけど。苦笑

本編は発売日に友達とLINE通話しながら観ました。 それはそれは楽しい!!
同じようなタイミングでかわいい!!かっこいい!!って言ったり、泣いたり。
楽しいがすぎたので、みんなもやったほうがいいYO!!

そんなおすすめはさておき。
わたしは以前、嵐のコンサートのペンラの制御についてちょっと意見を書いたのですが、24コンをみて、まさに!!と思ったのことがあったので、書きます。

挨拶のところで挨拶してる人のメンバーカラーにするのは、まぁまぁよくある話だと思います。もしくはソロコーナーとか。私も経験が多々あります。24コンにおいてもそれは行われていて、雪だるまペンラの光る面積が広いからか、ドームが一色に染まるとすごく明るくて綺麗でした。
私が衝撃を受けたのは挨拶の時にペンラの色が揃ったことではなく、クリスマスメドレーの中で、SNOW!SNOW!SNOW!が歌われた時のことです。三方向に散らばった、桐山くん、神ちゃん、流星くん。それぞれが立っている近くのペンライトがメンバーカラーになったんです。当時会場にいて、鳥肌が立ちましたし、Blu-rayをみても鳥肌が立ちました。あたかも制御しているかのようでした。
メンバーはペンラをファンがメンバーカラーにしてくれてたことについて、ことあるごとに嬉しかったと言ってくれていて、この三方向に別れた時のペンラの話は今月発売されたSODA2017年7月号のインタビューでも話してくれています。

SODA 2017年7月号

SODA 2017年7月号

桐山くんは、『遠隔操作で色を変えてると思ってみてたスタッフさんが手動やと知った時に驚いてさ。いいファンに巡り会ったねぇって言ってくださってん。なんかファンのこと褒められるって1番嬉しかったな。』と話していて、私もその一部だったことが嬉しかったです。
自動制御されなくても、私たちできるよっていう感じや、一緒に作っているんだという感じがすごく嬉しいし、それを喜んでくれているのを紙面で知ることができて、こんなファン冥利につきることはないです。
改めてBlu-rayをみて、感動したし、このタイミングでまた本人たちが話をしてくれたのが嬉しくて、こんな記事を書いてみました。
遠隔操作がだめとかそういうことが言いたいのではなくて、ペンラってファンの気持ちを伝える一つの手段なのかなーと思っていて、それが伝わっているこういう関係性っていいなと思った話でした。

余談ですけど、SNOW!SNOW!SNOW!って濵田くんのセクサマコーナーの直後だったのに、よく反応できたな、ジャスミンすげいなって思いました(笑)もし観る機会がある方がいれば、その辺も注目してみてみてください!!